映画メモ「ブリジット・ジョーンズ だめな私の最後のモテ期」

とにかく、シリーズのファンは絶対に行くべき。本当に面白かったです!


正直に言えば、映画化が決まったという話を聞いたとき、え?あの原作を映画化するの?と思わず心配になってしまってたんですが、原作とは全く関係なかったので、ほんと良かった。


というのも、私、原作については1作目も2作目も楽しめたんですが、3作目はビミョーというかちょい嫌悪感抱いたくらいだったんで・・・。



だって、マークが何か事故って死んでる設定で、ブリジットがマークとの間に生まれた子どもたちとドタバタ暮らしてて、そこに何でか子どもの学校の先生といい感じになるっていう・・・。
マークとのラブラブ生活が読みたかったのに!とかなりショックな内容でした。(なお、ダニエルは生きてます)


でもね!
映画はね!
ちゃんとマーク・ダーシー生きてて、むちゃくちゃステキなので、映画行くの迷ってる人はぜひ行ってほしいね!


コリン・ファースはいくつになってもやっぱりセクシーで、マークの堅物紳士っぷりは健在で、でもって、あの「ありのままの君が好き」という超絶名シーンが回想で差し込まれたときは素敵すぎて泣きそうになった。


アナ雪で「ありのまま」が流行ったとき、いやそれはブリジット・ジョーンズの名台詞だよ、と思われれた方、お友達になりましょう。
あの台詞いってくれる人と結婚したいと思ったのは私だけじゃないはず。絶対。



映画の話にもどって・・・。


今回、ヒュー様出ないかわりにパトリック・デンプシーがブリジットの恋愛騒動に参加です。

グレイズ・アナトミー」観てないんで、『魔法にかけられて』と『バレンタイン』くらいでしか知らないんですが、何かこう、出来る男が似合う人だよな・・・。嫌みのないスマートさ。キャリアウーマンの夢見る白馬の王子さまというイメージ。

どうしてそこまでブリジットにぞっこんなのだろうと不思議ではありますが、妊娠したときにこんな旦那さんいたら幸せよな・・・と思います。



あと、エマ・トンプソン産婦人科医として出演。コミカルな役回りで、この人に何度笑わされたか。にしても、変わらずキレイだよなー・・・。トレローニー先生なんですよ、この人・・・。



思ったけど、オスカー俳優揃い踏みですごいね。



さて、主人公のレニー演じるブリジットはスリムになって、出世していて、でも相変わらずちょいドジでユーモアあって可愛いです。
イタリアンレストランで告白するシーンが面白すぎだし、最後のお姫さまだっことか羨ましい限り。本当に愛されキャラで良いなあ。



ラストのシーンは、やっとここまで・・・と嬉しくなりました。
あと、エンドクレジットで席はぜったい立たないでほしいです。微笑ましいもの観れます。ブリジット・ジョーンズといえば、ああ、これこれ、みたいな。



とにかく、シリーズのファン、あとコリン・ファースのファンは必見です。
音楽もサイコーだし、ロンドンの雰囲気も味わえるし、私的には大満足の作品でした。


どこかにマーク・ダーシーいないかな・・・。